Board logo

标题: [情报] NHK 2019年度晨间剧「なつぞら」出演决定! [打印本页]

作者: 北京猫    时间: 2018-4-26 23:30     标题: NHK 2019年度晨间剧「なつぞら」出演决定!

本帖最后由 北京猫 于 2018-4-26 23:33 编辑

NEWS

《TV》NEW!
★NHK2019年度前期連続テレビ小説「なつぞら」出演決定!
柴田剛男 役
2019年4月~9月放送予定



公式:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=14341


20180426 NHK2019年度第100作「なつぞら」出演者会见(组图)
作者: 雅明欣    时间: 2018-4-27 19:01

謝貓姐消息。
有試裝時以為今年劇。
作者: 北京猫    时间: 2018-6-19 22:29

本帖最后由 北京猫 于 2018-6-19 22:34 编辑

今天是女主角广瀨丝丝20岁生日,全组给她庆生。

“朝ドラ”ヒロイン・広瀬すず、「特別づくし」のバースデーに感激!

2019年4月1日より始まる、広瀬すず主演の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)。6月8日にクランクインを迎えてから10日あまりが経った6月19日、ドラマの舞台である北海道・十勝にて取材会が行われた。



本作のヒロインは、戦争で両親を失ったことで東京から北海道・十勝へと移り住むことになった少女・奥原なつ(広瀬)。なつは持ち前の明るさを発揮し、高校卒業後に上京。草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込むことになる。

クランクイン後初となる取材会には、なつの養母役の松嶋菜々子、なつの養父役・藤木直人の他、音尾琢真、吉沢亮、山田裕貴、草刈正雄も出席。豪華な面々が一堂に会し、晴れやかな顔を見せた。


まずは座長・広瀬が「(十勝という)こんなにも広い世界で、自然に囲まれながら撮影できるのはなかなか無い経験なので、のびのびとなつを演じさせてもらえたらと思います」とあいさつ。松嶋も「大地のにおいと大きさをかみしめています」と続けた。



晴れた日には日高山脈を臨めるという絶好のロケーションだが、撮影期間はあいにくの曇天が多いそう。藤木は苦笑まじりに「北海道には梅雨が無いと聞いていたんですけども、毎日このような天気が続いていて…」と話したが、それでも「大自然の中で、素晴らしい映像が撮れていると思います」を自信を見せる。

そして、この日は広瀬の20歳の誕生日。サプライズで巨大な「なつぞら」特製ケーキが運ばれてくると、広瀬は驚きと感激の表情に。



「ありがとうございます! 20歳最初の作品が『なつぞら』で、本当に幸せに思います。新しいスタートだと思うので、負けないで、皆さんの力を借りながら頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください!」とコメントした。

20歳という記念すべき瞬間を、“朝ドラ”第100作のヒロインとして迎えた広瀬。「特別づくし」の取材会となった。




連続テレビ小説「なつぞら」
2019年4月1日(月)スタート(全156回予定)
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

消息来源:https://thetv.jp/news/detail/151174/
作者: 北京猫    时间: 2018-6-19 22:38

広瀬すず、朝ドラ「なつぞら」ヒロイン姿で登場
2018年6月19日  19時32分



楽しみ!大自然の中、左右対象でポーズを取る「なつぞら」出演者 - (C)NHK

 広瀬すずが主演を務めるNHKの連続テレビ小説「なつぞら」(2019年前期に放送)のロケ取材会が19日に北海道上川郡新得町で行われ、広瀬、松嶋菜々子、藤木直人、音尾琢真、吉沢亮、山田裕貴、草刈正雄が劇中の衣装に身をつつんで参加した。

19日に20歳の誕生日を迎えた広瀬は本ドラマで、東京に生まれて「戦災孤児」となり北海道の十勝へと渡る主人公の奥原なつを演じている。なつが通う高校の制服姿で登場したこの日の取材会で、自然の中で行われている撮影でのびのびとヒロインを演じたいと意気込んでいた広瀬。8日にクランクインを迎え、共演者と良好な関係を築いているそうだ。

「共演者のみなさんとも、なつとして言葉を交わすことができて、台本だけではなかなか想像がつかなかった距離感や温度などをちゃんと感じられたので、甘えさせていただこうと思っています」。

 そんな広瀬について、なつの養母・柴田富士子役の松嶋は「(十勝の)大地のように広い心で、すずちゃん、そしてすずちゃん演じるなっちゃんを大きく受け止めていきたいと思います」、なつの養父・柴田剛男役の藤木は「広瀬さんとは、昨日はじめてご一緒したのですが『父さん』と呼ばれて、僕の父性が目覚めました(笑)」とコメントした。

 制作統括の磯智明によると19日はロケ撮影の折り返し地点。十勝農業高校・演劇部員のなつが、演劇コンクールを十勝全体で盛りあげようと富士子に相談するシーンの撮影が行われた。

 今作では十勝で酪農を手伝いながら育ったなつ(広瀬)が、やがて上京し、草創期のアニメ業界で生きていくさまが描かれる。音尾はなつの養父母が経営する柴田牧場の従業員・戸村菊介、吉沢はなつに絵心を教える青年画家・山田天陽、山田はなつの幼なじみ・小畑雪次郎、草刈は富士子の父・柴田泰樹として登場する。(編集部・海江田宗)

消息来源:https://www.cinematoday.jp/news/N0101654
作者: 北京猫    时间: 2019-2-9 23:32

Interview
松嶋菜々子と藤木直人が感じた広瀬すずの“成長”とは!? 4月放送朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便り2019.02.09




2019年度前期、本年4月より放送される通算100作目の連続テレビ小説『なつぞら』の冬季ロケが、報道関係者に公開された。

『なつぞら』は、戦後の1946年が舞台。戦災孤児になった広瀬すず演じる“奥原なつ”を受け入れたのは酪農一家・柴田家。北海道・十勝の広大な大自然と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たちの中で、たくましく成長していく。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性を生かして、アニメーションの世界にチャレンジする物語だ。
冬季ロケは1月22日(火)よりスタートしており、26日(土)に報道陣に撮影の模様が公開された。同日、短いながらも取材に応じたキャスト陣のインタビューを4回に渡ってお届け。今回は広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの養母となる柴田富士子役の松嶋菜々子と、戦友だったなつの亡き父との約束を守り、なつを引き取る富士子の夫・柴田剛男役の藤木直人が登場!

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

雪の中に閉じ込められるからこそ、新しい息吹の力にみんな感謝するのかなということを感じました。

一面雪景色の中で行っているロケの感想をお願いします。

松嶋 マイナス何十度という気温は体験したことがないので、むしろ楽しみにして十勝へ来たんですが、なっちゃん(広瀬)や天陽くん(吉沢亮)の方が雪の中でのシーンが多いので、私たちよりも大変だろうなと思います。私はちょっとずつの撮影だったので、そこまで寒い思いをしなかったんですけど、この時期にパウダースノーを体験できることはそうないので、ちょっと心が躍っています(笑)。

藤木 僕も…全国の天気予報では札幌の天気についても報じていますけど、そんなに気にして見たことがなかったんです。でも、今回十勝にやってきて、週間天気予報を見てみたら、予想最低気温マイナス15度とか、すごい数字が並んでいて、「これはなかなか見ない数字だな」とビックリしました。こんなに寒い中でも生き抜いてきた人たちを演じているわけですが…今にして思うのは、夏ロケ(昨年6月に行われた十勝ロケ)の前に来ておきたかったな、と。そうすれば、より夏の温かさのありがたみがわかったんじゃないかなと思ったりしています。

今回の十勝ロケを通じて、役柄への理解をさらに深めたということは…?

松嶋 十勝で暮らす人々は、あまり長時間外に出ないようにしていること、出る時はたくさん着込むことを今回学びました。なので、窮屈と言うと語弊があるかもしれないですけど…どうしても動きを制限されてしまうので、どうやって冬の間を過ごしていたのかな、といったところに興味がわきましたし、そういう日常にも慣れてくるということもわかりました。マイナス5度くらいだと「あ、今日はちょっと暖かいな」と思えたりして(笑)。それと、先ほど藤木さんがおっしゃったように、雪の中に閉じ込められるからこそ、新しい息吹の力にみんな感謝するのかなということを感じましたね。



撮影の合間も和気あいあい

藤木 頭でいくら「寒い帯広でのロケは大変だ」って考えたところで、実際に来てみて体感しないとわからないことがたくさんあるんですよね。マイナス十何度と聞くと、「えっ!」と思いますけど、意外と平気に感じたり…でも、やっぱり何分かすると「あれ、耳がちぎれちゃったかな?」と感じるようにもなってきますし──。ただ、さっきオープンセットで撮った、なつを迎えに行った照男(清原翔)が転んだ後の、みんなで家の中に入るというシーンは、もう先に東京のスタジオで撮り終わっちゃっているので、今回体感した寒さと屋内の温度のギャップを芝居に反映させられないのが残念です(笑)。

今回のロケであらためて感じられた十勝の良さは、どういったところでしょうか?

松嶋 空気が冷えているからこそ、ビールがおいしいと感じました。屋外でキンキンに冷えたままビールを飲み続けられるというのが…あれ、これは十勝じゃなくてもそうなのかな?

藤木 いえいえ、大丈夫ですよ。それくらい十勝が寒いということですから。

松嶋 よかった〜。あの、今回、撮影がないメンバー何人かでワカサギ釣りに行ったんです。その場で釣ったワカサギを天ぷらにして揚げていただいて、ピクニックをした時にちょっとビールもいただいたんですけど、「こんなにおいしい缶ビールは飲んだことがない」と思ったくらいおいしかったです。

藤木 僕も一緒にワカサギ釣りに行かせてもらいました。もともと釣りが好きなんですけど、ワカサギ釣りは初めてだったので新鮮でした。湖の上にいるということを忘れてしまうという感じで、だけどテントの中にいてストーブも点いていて、快適に釣りが楽しめるという。ただ、行った時間が朝の9時くらいで、常連さんいわく「もう釣れる時間じゃないよ」と。7時から9時が釣れる時間らしくて、9時から12時くらいだと釣れないよ、と言われてしまって(笑)。なので、もしまたワカサギ釣りができるチャンスがあれば、朝の7時から来たいですね。



撮影に入ってすでに長いですが、なつ役の広瀬すずさんの印象はどう変わってきているのでしょうか?

松嶋 10月から本格的に「なつぞら」の撮影が始まったんですけど、年末から「紅白歌合戦」(の司会を務める)あたりまでは、やっぱりすごく大変そうでした。ただ、彼女もベテランさんなので、体調管理はできていると思うんですけど、疲労が少しずつ蓄積されてきているんじゃないかなって、少し心配になることがあります。ご本人も「身体は正直ですね〜」なんておっしゃっていたんですけど、顔には出ないし、また出してもいないのかな…。とにかく、頑張り屋さんですし、現場でも明るくて、「疲れた」という顔を見せないですし、何よりかわいらしくて。私は先に東京へ戻るので、何だか娘を残していくような気持ちで心配なんですけど、「がんばってね」って言って、現場をあとにしました(笑)。

藤木 広瀬さんはすでに何作も主演として背負ってきた人なので、女優として確立されていると思います。なので、僕らが「成長云々」言うのはおこがましいなと思うんですけど、昨年の春に顔会わせをして、6月に帯広でロケをして、長い間ずっと一緒にいるので、何と言うかもう「柴田家」の家族としてコミュニケーションがとれていますし、結束も高まっているんじゃないかなと感じています。あと、6月の十勝ロケの時に、ちょうど20歳の誕生日をこっちで迎えて、その夜に「なつぞら」のみんなでお祝いできたんですけど、今回もみんなで一緒にご飯へ行ったとき、お酒が飲めるようになっていたのが、強いて言えば成長なのかなと思います(笑)。


松嶋 その間、全然お酒を飲んでいなかったそうなんですよ。なのに、おいしく感じるようになったと言っていて(笑)。

藤木 「あれ、お酒がおいしい!?」って(笑)。

松嶋 本人が一番ビックリしていましたよね(笑)。6月の時にみんなで飲んだのと同じお酒を飲んだんですけど、その時はひとくちでしかめっ面になっていたのが、今回は「おいしい」って。

藤木 大人になったなぁ〜、と思いましたね(笑)。

エンタメステーションの本特集では今後もキャストの方々からうかがった十勝ロケのことを中心としたインタビューの模様をお届けします。
次回は、草刈正雄と清原翔が登場。公開をお楽しみに。


2019年度前期 連続テレビ小説『なつぞら』

放送予定:4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也 ほか

Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK

消息来源:https://entertainmentstation.jp/377208
作者: 北京猫    时间: 2019-3-4 18:04

官网搬运过来的人物简介及关系图





消息来源:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
作者: 北京猫    时间: 2019-4-9 12:59

『なつぞら』藤木直人の好演が冴える 広瀬すずの“味方”となる穏やかな父親像


 朝ドラ『なつぞら』(NHK)で、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の育ての父・柴田剛男を演じる藤木直人。彼は穏やかな包容力でなつを見守り、新シーズンを迎えた日本の朝に、あたたかな風を送り込んでいる。

 藤木が演じる剛男は、戦友であったなつの父と交わした「どちらかが亡くなったときには、互いの家族の面倒を見る」という約束を果たし、なつを自然豊かな十勝に連れてきた存在だ。やがてアニメーションの世界へ飛び込んでいくこととなる、なつの豊かな感性が育まれる、そもそものきっかけを作った人物なのである。

そんな剛男は、柴田家では婿養子という立場だ。なつを家族に迎えたことから、彼が義理人情に厚く心優しい男だというのは明らかだが、たくましい妻・富士子(松嶋菜々子)や、ガンコな性格の義父・泰樹(草刈正雄)の前では、よくたじたじの姿を見せている。どのようにして富士子と、ひいては柴田家と彼が結びついていったのか、じつに気になるところである。

 とはいえ、剛男の父親像には注目だ。義父である泰樹もまた、なつにとっては父親のような存在だが、彼の厳格な性格と、剛男の穏やかでどこかチャーミングな性格は好対照をなしている。普段から、映画以上にターゲットが幅広いテレビドラマへの参加が多いからか、藤木の演技は“分かりやすい”。言い換えると、演じる人物の心情が掴みやすいということである。彼が表立てて発する穏やかさは、視聴者にとって分かりやすく“なつの味方”である印象を与え、それは作品全体のあたたかさに繋がっている。



そんな剛男を演じる藤木は、かつて、朝ドラ『あすか』(1999-2000)で竹内結子演じるヒロインの相手役を務めている。今作で彼の妻役を務める松嶋も、かつては『ひまわり』(1996)で朝ドラヒロインを経験しており、この組み合わせの夫婦はまさに“朝ドラ100作目”に相応しいキャスティングだと言えそうだ。

ところで、藤木は俳優としての20年以上のキャリアの中で、膨大な数の作品に出演を重ねてきた。1995年、映画『花より男子』の花沢類役で華々しくデビューを飾ると、その後も絶え間なく映画・ドラマに起用。『喪服のランデヴー』(2000/NHK)で連ドラ初主演を果たし、菅野美穂とダブル主演を務めた月9ドラマ『愛し君へ』(2004/フジテレビ系)、 ドラマ放送ののち映画化もされた『ナースのお仕事』(フジテレビ系)や『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)シリーズなどの代表作も得ている。

 大河ドラマでは、デビューから間もない頃ながら大役に抜擢された『徳川慶喜』(1998)や『平清盛』(2012)、昨年放送された『西郷どん』(2018年)での気品あふれる好演も記憶に新しい。また最近は、『FINAL CUT』(2018/カンテレ・フジテレビ系)や、続く『グッド・ドクター』 (2018/フジテレビ系)、今年の前クールに放送された『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)で、『なつぞら』の剛男役とは打って変わって、いかめしい人物を演じ上げていた。いずれも脇に回る役どころではあるものの、主要なポジションで作品や周囲のキャスト(とくに主役を演じる若手)を支えている姿が印象深い。

 さらに、藤木がバラエティ番組のパーソナリティーや、ミュージシャンとしても活躍する存在であることは広く知られているだろう。つねにマルチな才能を発揮し続ける、エンタメ界にとって得難い存在なのである。

 戦争経験者であること、婿養子であること、なつの育ての親であること……複雑な要素を抱える剛男という人物を、藤木はどのように演じていくのか。そしてそれが物語にどのように反映されるのか、剛男の変化にも注目だ。

■折田侑駿
映画ライター。1990年生まれ。オムニバス長編映画『スクラップスクラッパー』などに役者として出演。最も好きな監督は、増村保造。Twitter

■放送情報
連続テレビ小説『なつぞら』
4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人/岡田将生、吉沢亮/安田顕、音尾琢真/小林綾子、高畑淳子、草刈正雄ほか
制作統括:磯智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/



消息来源:https://realsound.jp/movie/2019/04/post-341548.html




作者: 北京猫    时间: 2019-4-21 00:00

本帖最后由 北京猫 于 2019-4-21 00:03 编辑



なつがあんな風にいい子に育ってくれたから、柴田家は温かい

朝ドラや大河をやることは親孝行
藤木さんは連続テレビ小説『あすか』(1999年)でヒロインの相手役を演じられましたよね。

僕は俳優という不安定な仕事を選びながらも、割と早い段階で朝ドラや大河に出演させてもらったことは親孝行にもなっていると思いますし、親戚にも「頑張ってるな」と分かってもらえたのはありがたいですね。『あすか』はNHK大阪が制作していて、しかも関西のことばを話す役というのが初めてに近い経験だったんです。それまでは、ある意味、日常生活の延長上で仕事場に行っていましたが、大阪に行って関西のことばを話すということがスイッチになって、“仕事として行く”という意識が芽生えましたね。



剛男さんと富士子さん(松嶋菜々子)はどんな夫婦だと思いますか?

僕が演じる剛男は柴田家で、弱い立場なんですよ。富士子ちゃんの結婚相手を決めるときに、当て馬で用意されたのに、富士子ちゃんが選んでくれて(笑)。いつも泰樹さん(草刈正雄)にびくびくしている中、富士子ちゃんが泰樹さんに強く出るじゃないですか。だから、それにハラハラしていて…(笑)。そんな頼りない剛男ながらも、彼の良い部分も見せて、いい家族像を描けるようにしていきたいですね。






剛男のように分け隔てなく接する存在がいるのは大切なこと
なつを我が子のように育てていきますが、 親としてのなつへの気持ちは?

なつを連れてきたのは剛男なんですが、親子の絆を深める部分というのは、富士子ちゃんと泰樹さんに任せっぱなしというか…(笑)。なつときちんと向き合っているシーンが描かれるのは富士子ちゃんと泰樹さんなので、そういう“任せっぱなし”“無責任風”なところは、昭和のお父さんっぽいのかなと。でもその一方で、剛男のように分け隔てなく接する存在がいるのは大切なことだと思うんです。あの時代、他の家で育てられる子どもはたくさんいたでしょうから。

ただ、自分自身も親になった今、血のつながってない子を受け入れられるかを考えたときに、理想論としては「分け隔てなく我が子のように育てたい」と思うだろうけど、実際は良い時ばかりではないじゃないですか。自分の子どもでさえ、いつか反抗期が来たときには、悩んだり仲違いしたりもするだろうし、受け入れられないときも来るかもしれない。それがましてや他人の子どもだったら、それは相当難しいことなんだろうなって。
そういった意味では、なつがあんな風にいい子に育ってくれたから、柴田家はなんの問題もなく、温かい家族になっているんでしょうね。なつは、明るくてみんなの中心で、家族をくっつけてくれる存在なんだと思いますね。




立派な役者の一人として見ています
広瀬すずさんの印象はいかがですか?
かわいいですよね(笑)。でも朝ドラって、元々は新人の登竜門とも言われていましたが、広瀬さんはすでにいろいろな作品に出演されている方なので、立派な役者の一人として見ています。


撮影での広瀬さんとの思い出は?

昨年6月、十勝でのロケ中にみんなで広瀬さんの20歳の誕生会をできたのが良かったですね。そのとき思ったんですが、今年の6月に21歳になるとき、まだ撮影が続いているんだと…ヒロインは他のキャストよりも格段に撮影量が多いので、その重みに気が遠くなりました(笑)。



来源:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/special/interview_06/index.html



我粗略的翻译了一下,不保证正确

藤木桑在连续电视小说『あすか』(明日香)(1999年)中饰演女主角的恋人。
我选择了演员这份不稳定的职业,能够尽早的出演晨间剧和大河剧,我觉得是对父母的一种尽孝,让亲戚也知道,“你很努力啊”,真是太感激了。『あすか』是在NHK大阪拍摄制作的,而且还是第一次接触到说关西话的角色。在此之前,在某种意义上,我是从日常生活延伸到工作场所的,去到大阪说关西话成为了我的开关,萌生了“作为工作去”的意识呢。

你觉得刚男和富士子(松岛菜菜子饰)是怎样一对夫妇?
我所饰演的刚男在柴田家,存在感很低。决定富士子酱结婚对象时,明明是临时安排的,富士子酱却选择了他(笑)。在泰树桑(草刈正雄饰)面前总是战战兢兢的,而富士子酱对泰树桑却很强势。所以,很是担心…(笑)虽然是这样不可靠的刚男,但是也想展现出他的优点,描绘出好的家庭形象。

把小夏视如己出的养育,作为家长对小夏是怎样的心情?
虽然小夏是刚男带回来的,但能加深亲子关系的部分,都交给富士子酱和泰树桑了嘛…(笑)剧中描述认真面对小夏的戏是富士子酱和泰树桑的,而刚男听之任之、不负责任的部分,果然有昭和之父的风范吧。但另一方面,我想像刚男那样,不区别对待也是很重要的。因为那个时代,有很多被收养的孩子吧。
但是,以我现在已为人父母的角度,思考能否接纳和自己没有血缘的孩子时,理想主义是「不区别对待,当成自己亲生的养育」虽然是这么想的,但实际情况不是都那么尽如人意不是吗。即便是自己的孩子,一旦进入叛逆期,也会头疼、关系也会变得紧张,保不齐也会有承受不了的时候。况且再是别人的孩子,想必相当困难吧。这么看,小夏能够被养育成那样的好孩子,柴田家没有问题,成为了温暖的大家庭。阳光的小夏作为大家的焦点,我想是把家人连系在一起的存在。

广濑铃的印象
很可爱(笑)。但是晨间剧,以前被说是新人鱼跃龙门的存在,而広瀬桑早在这之前已经出演了形形色色很多的作品了,是作为一名出色的演员在看待。

拍摄中和广濑铃的回忆
去年6月,在北海道十胜的外景,大家给広瀬桑开了20岁的庆生会,太好了。那时就想,今年6月她21岁时,这部剧还在继续拍摄中…因为女主角比其他演员戏份都要重,对那份重量感我已经感觉很遥远了(笑)。


作者: 雅明欣    时间: 2019-4-21 09:15

謝貓姐翻譯,了解了弘剛男的想法。
作者: 北京猫    时间: 2019-4-23 15:30

本帖最后由 北京猫 于 2019-4-23 15:36 编辑

还有一份更完整的专访



草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】エンタメ

4/22(月) 8:30配信
柴田剛男役の藤木直人


 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上で心掛けていること、撮影中のエピソードなどを語ってもらった。



-朝ドラは「あすか」(99)以来20年ぶりの出演ですね。

 当時、僕はあまり知られていなかったけど、「あすか」に出演したことで、いろんな世代の方が「ハカセ(役のあだ名)」くんと呼んでくれてうれしかったのを覚えています。今回は、街中で「剛男さん」と呼んでもらえるように頑張りたいです。

-すでに大きな反響を呼んでいますが、実感されていますか。

 反響があるのは草刈さんだけですよ(笑)。第1週の泰樹さんとなっちゃんがアイスクリームを食べるシーンは、とても話題になっていたから僕もネットのコメントを見ましたが、剛男については「なつは三兄妹なのに一人だけ十勝に連れてきてひどい」って書いてありました(苦笑)。会見でも、共演者の印象を聞かれた広瀬さんが「藤木さんとはあまり2人のシーンがないので…」と言っていて、確かにないな…と思いました。なっちゃんを十勝に連れてきて、「あとはよろしくね」と妻の富士子(松嶋菜々子)に預けているし、人生や仕事について教えているのはおじいちゃんだし、僕がやっていることはゼロです…(笑)。

-とはいえ、なつの人生は剛男との出会いによって動き出すので大事な役目を担っていますよね。剛男を演じる上で心掛けていることは何でしょうか。

 最初は戦争孤児の話なので、かなりシリアスになるのかと思いましたが、ユーモアあふれるコメディータッチの作品ですよね。だから、絶対的に強い泰樹さん、片や、子育てをしっかりして、泰樹さんにも自分の意見をはっきり言える、女性の強さを持つ富士子ちゃん、そのはざまで揺れている姿が面白くてチャーミングに見えればいいなと思いながら演じています。

-ヒロイン役の広瀬さんにはどのような印象を持たれましたか。

 芝居に対して熱心で情熱がある方ですね。朝ドラのヒロインは、以前は「新人の登竜門」という一面があったように思います。ヒロインの方々は体当たりのところが多かっただろうけど、広瀬さんはすでに代表作をたくさん持っている方なので、一キャストとして見ています。松嶋さんは「ヒロインは大変」とおっしゃっていたけど、そんな苦労を感じさせず、休憩中に台本を見ることもないから、いつ覚えているんだろうと不思議です。でも、そうやって現場で淡々といてくれるから、撮影が順調に進んでいる気がします。

-心に残るエピソードがあれば教えてください。

 僕は食事のシーンでは、せりふをちゃんと言うためにも、何をどのタイミングで食べようかと考えるけど、広瀬さんは気にせずにバクバク食べて、結果的にせりふを言えていないこともあるけど、果敢に攻めていく姿がいいですね。松嶋さんも意外にしっかり食べます。せっかく作っていただいたものだし、おいしいこともあって、カットがかかっても残って食べているぐらいです。義理の親子だけど、食に対する旺盛さは似ていますね(笑)。

-なつの幼少期を演じた粟野咲莉ちゃんはいかがでしたか。

 子役から始まるというのは朝ドラの王道なので、いい形で広瀬さんにバトンを渡してあげたいと考えていたけど、子役のみんながみずみずしいお芝居をしてくれたので、こちらが心配することはなかったです。もちろんまだ経験も浅いので器用じゃない部分もあるかも知れないけど、余計なものを排除して主人公に成り切れる力はすごいと思いました。

-特に印象的なシーンはありますか。

 そうですね…。咲莉ちゃんの印象的なシーンも大体が草刈さんとのシーンでしたからね(笑)。でも、最初になっちゃんを北海道に連れてくるシーンは大事だと思いながら演じていました。原っぱで駆け回るところは草の丈が高くて、身長が低い咲莉ちゃんは大変そうでしたよ。

-皆さん、北海道ロケを満喫したようですが、藤木さんはどうでしたか。

 北海道の夏は短いということで、ロケは去年の6月に早めに始まり、まさに“夏空”のもとで気持ちよく撮影ができると思いましたが、実際は天気が悪くて、雨の日は牛舎内のシーンで乗り切りました。照明で外光を作るのにも時間がかかって、1時間に3カットぐらいしか撮れないから、ちゃんと終わるのか心配になりました。でも、そんな苦労も乗り越え、冬のロケでは撮影の合間にはワカサギ釣りに行ったり、氷点下の中でずっと冷えたビールを飲んだり、とても楽しかったです。豚丼も初めて食べたら、びっくりするほどおいしかったので買って帰りました。

-藤木さんのお子さんも3人で、柴田家と同じですよね。

 年齢も子役時代の設定と全く同じなので、あて書きしたの?と驚きました。だからこそ、現実世界でなっちゃんみたいな存在が現れたときに、自分なら受け止められるか…と考えると難しいですね。いい子に育ってくれればうまくいくのかもしれないけど、自分の子どもでさえどう育つか分からないし、子育ての正解もよく分からないから、他人の子どもを受け入れることは強いし、すごいことだと改めて思います。まぁ、剛男は無責任に連れてきただけですけどね(笑)。

(取材・文/錦怜那)

消息来源:https://headlines.yahoo.co.jp/ar ... 00001-tvfan-ent&p=2
作者: 雅明欣    时间: 2019-4-23 20:32

謝貓姐消息。
剛男不是沒思想的人,只是性外父吧。
作者: 北京猫    时间: 2019-4-27 22:36

藤木直人、『なつぞら』現場で感じる広瀬すずの凄み「いつセリフを…」

山崎伸子 2019/04/27 14:00

NHK連続テレビ小説の節目となる100作目『なつぞら』(毎週月~土曜8:00~)に出演中の俳優・藤木直人を直撃。藤木が演じるのは、広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの育ての父・柴田剛男役。少し頼りなくても、育ての親として常になつを気遣い、見守っていくという重要な役どころだ。藤木の朝ドラ出演は、竹内結子主演の朝ドラ『あすか』(19)以来、約20年ぶりとなった。

■「剛男さん」と呼ばれるように頑張りたい

――約20年ぶりに朝ドラに出演された印象から聞かせてください。

やはり朝ドラは、多くの方に愛される作品で、影響力も大きいなあと、改めて思い知らされました。『あすか』で19年半前に参加させてもらった時は、あだ名が“ハカセ”だったので、「ハカセくん」と呼んでもらえて、すごくうれしかったことを覚えています。だから『なつぞら』でも、町中で「剛男さん」と呼ばれるように頑張りたいと思います。

――最初に脚本を読んだ時の感想を聞かせてください。

戦災孤児の話と聞いていて、かなりシリアスな物語なのかと思っていたら、大森(寿美男)さんの脚本は、すごくユーモアに溢れ、コメディタッチだなと思いました。絶対的に強い泰樹(草刈正雄)さんと、子育てをしっかりしていて、泰樹さんに対しても思ったことを言える強い妻の富士子(松嶋菜々子)ちゃんがいて、剛男はその間で揺れている。そこがおもしろいし、チャーミングに見えたらいいなと思って演じています。


■子役の粟野咲莉から学び

――なつの子ども時代を演じた粟野咲莉ちゃんの印象を聞かせてください。

お芝居がみずみずしいので、逆にこっちが勉強させられました。もちろんまだ経験も浅く、子供なので器用じゃない部分もあるかもしれませんが、あれだけ余計なものを排除し、主人公になりきれる力はすごいと思いました。本作は朝ドラの王道を行く作品で、子役時代から始まりました。広瀬さん演じるなつに切り替わるのは3週目だったから、いい形で繋げられればいいなという思いもありました。

――剛男は、なつを東京から北海道へ連れてきますが、まさに運命を変えた人ですね。

ネットに「なつは三人兄妹なのに、1人だけ連れてくるなんてひどい」という書き込みがありました(笑)。もちろん事情があってなつを連れてきたわけですが、どこか鈍感で、あまりわかってない感じも剛男なのかなと。連れてきてからは「あとはよろしく」と任せっきりだし、人生とは、仕事とは、を教えてくれるのは全部泰樹さんで、僕が教えることはゼロなんです(苦笑)。

――実際に剛男の立場になって考えた時、その行動についてどう思いましたか?

剛男は無責任になつを連れてきてしまったのですが、あの時代、親を失った不幸な方が少なくはないわけで、誰かが誰かを支えるということは普通にあったから、現代に置き換えてもしょうがないかなという気もします。

ただ、剛男は、なつがいつかは離れている兄妹と一緒に暮らすだろうという思いがあったと思うんです。名字も籍も入れなかったのは、「戦友の子どもを預かっている」という気持ちが大きかったからではないかと。でも、なつがあんなにいい子だから上手くいったけど、もしそうではなかったら、果たして柴田家はどこまで受け入れられたのか?とも考えたりします。


■さじ加減悩んだ「富士子ちゃ~ん」

――妻・富士子役が、かつて『ひまわり』(96)で朝ドラのヒロインを務めた松嶋菜々子さんという点も感慨深いです。剛男が戦地から戻ってきたあと、夜に「富士子ちゃ~ん」と布団に誘うシーンがとてもおちゃめでした。

あのシーンは、どういうふうに見えたらいいのかというさじ加減が難しかったです。朝にオンエアするものだから、あまり生々しくてもよくないし、かといって2年ぶりに会えた妻だし、ひょっとしたらもう会えないかもしれかった中で帰ってきたから、そういう夫婦の関係性が見えたらいいなと思いました。でも、そのまま表現しすぎるのもどうなんだろうと。ああいうシーンは監督もみんなも恥ずかしがるんです(笑)。

――「フ~ジコちゃん」と呼ぶ声は、ルパン三世さながらのトーンでした。

あのシーン、監督がなかなかカットをかけてくれなくて。ただ、あの“富~士子ちゃ~ん”というニュアンスはあまりにも……と思っていたのですが、まさかあそこを使うのかと。いいところで切れていて、編集で助けられた感じでありがたかったです(苦笑)。


■淡々とした広瀬すずの凄み

――広瀬すずさんの現場での印象を聞かせてください。

製作発表の時、松嶋さんが「ヒロインは大変です」とおっしゃっていたけど、広瀬さんは待っている間に台本を読んでいる様子が全くないので、いつ台詞を覚えているんだろうと。そうやって淡々といてくれるからこそ撮影が順調に進んでいるんだなと思います。

広瀬さんは、お芝居に対してすごく情熱があります。僕が19年前に朝ドラに参加させてもらった頃のヒロインは、新人の方の登竜門という一面がありました。今もオーディションで選ばれる方もいますが、広瀬さんはすでにご自分の代表作をいっぱい持っている方なので、草刈正雄さんや松嶋菜々子さんたち俳優陣の中の1人という感じです。


■プロフィール
藤木直人(ふじき・なおひと)
1972年7月19日生まれ、千葉県出身。1995年に映画『花より男子』で俳優デビュー。ドラマはNHK連続テレビ小説『あすか』(19)、フジテレビ『ナースのお仕事』や日本テレビ『ホタルノヒカリ』シリーズ(07~)、フジテレビ『ラスト・シンデレラ』(13)、フジテレビ『グッド・ドクター』(18)など多くの話題作に出演。また、日本テレビ『おしゃれイズム』(毎週日曜22:00~)や、JFN系列ラジオ『TOYOTA Athlete Beat』(毎週土曜10:00~)ではメインパーソナリティを務めるなど、活躍は多岐にわたる。アーティストとしては1999年にCDデビュー。音楽デビュー20周年となる今年、20周年記念オリジナルアルバム『20th -Grown Boy-』を6月19日にリリース。そして同年7月には全国ライブツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 ~20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!tour~」を開催予定。

消息来源:https://news.mynavi.jp/article/20190427-815843/






作者: 雅明欣    时间: 2019-4-28 07:44

謝貓姐。

好長的訪問。
作者: 北京猫    时间: 2019-4-30 10:35



『なつぞら』藤木直人が語る、愛され男・剛男役へのアプローチ 「チャーミングに演じられたら」

2019.04.30
 広瀬すず演じるなつの青春模様が眩しいNHK連続テレビ小説『なつぞら』。放送開始から4週が経過し、なつ以外にも、泰樹(草刈正雄)をはじめとした柴田家の面々、登場するだけで笑顔になってしまう、とよばあちゃん(高畑淳子)率いる小畑家の面々など個性的で魅力的な登場人物たちが溢れている。

 その中でも、唯一無二の優しさで物語を包み込んでいるのが、なつを北海道に連れてきた藤木直人演じる柴田剛男だ。強く厳しい泰樹と、しっかり者の妻・富士子(松嶋菜々子)の間で板挟みになる姿に、思わずクスッとしてしまう視聴者も少なくない。

 1999年のNHK連続テレビ小説『あすか』以来の朝ドラ出演となる藤木が、『なつぞら』の現場で感じたこととは何か。じっくりと話を聞いた。

「剛男の姿がチャーミングに映ったら」



ーー『あすか』以来の朝ドラ出演となりますが、改めて“朝ドラ”はいかがですか。

藤木直人(以下、藤木):ヒロインを演じているわけではないので、朝ドラに対してどうこう言える立場ではないと思うのですが、多くの人に愛される作品なんだなと改めて思い知らされています。今から19年半前に『あすか』に参加させていただく前は、僕のことを知っている方は世間的に多くはなかったと思います。でも、演じた速田俊作のあだ名「ハカセ」で、さまざまな世代の方から街中などでも声をかけていただきました。それが非常にうれしかったのを覚えています。この『なつぞら』でも、「剛男さん」と呼んでもらえるように頑張れたら。ただ、考えてみると、劇中で「剛男」って呼んでる人はほとんどいないですね(笑)。

ーー藤木さんは剛男の性格をどのように捉えていますか。

藤木:奥原三兄妹のうち、なつだけを北海道に連れてきたところにも表れているかもしれないのですが、優しさは持っているのですが、どこか呑気というか鈍感さを持っている人です。幼少期のなつに、人生の厳しさを教えたのは泰樹さんで、生活に関しては富士子ちゃんに任せていて、剛男が教えたことはなんなんだろうと(笑)。

ーー(笑)。でも、間違いなくなつの人生を導いたのは剛男だと思います。剛男を演じる上で意識されていることはありますか。

藤木:台本を読み始めたとき、戦災孤児のなつが主人公ということで、序盤はもっとシリアスな物語になるのかなと思いました。でも、大森(寿美男)さんの脚本はすごくユーモアがあふれていてコメディタッチでした。とにかく強い泰樹さん、泰樹さんにもはっきりと物を言うことができる強い女性の富士子ちゃん、その間で剛男が揺れている姿がチャーミングに映ったらいいなと思い演じています。



ーー第4週では、剛男が所属する農協の方針をめぐって、泰樹との対立が描かれました。

藤木:農協として新しい改革を進めていかなくてはいけないのに、その障害となっているのが義理の父であるという。ここでも剛男は板挟みなわけです。どちらも間違っているわけでなく、どちらも正しい。泰樹を演じる草刈さんの存在感が絶対的なので、張り合うわけではないですが、それに負けない気持ちを持って演じようと思いました。ただ、問題の解決の仕方も、結局自分の力というよりは、なつの力によるところが大きくて……。そこも剛男らしいんですが。

ーー朝ドラということで、これから剛男も歳を重ねていきます。演じる上で意識されることはありますか。

藤木:映像でできることは限られてくると思うので、外見に関しては深く考えないようにしています。そこはメイクさんや衣装さんの力を借りながらできたらなと。柴田家の子供たちの最初の頃の年齢構成が実際の僕の子どもたちと同じだったので、父親としていろいろとリンクする部分が多かったです。ただ、“おじいちゃん”は初めての経験だからどうなるでしょう。

ーー剛男は孫を溺愛しそうですね。

藤木:いや、泰樹さんみたいにすごく厳しいかもしれません(笑)。

“朝ドラあるある”エピソード



ーーなつを演じる広瀬さんの印象は?

藤木:お芝居に対してすごく情熱があります。かつて朝ドラヒロインを務めていた松嶋さんは「ヒロインは本当に大変」とおっしゃっていましたが、広瀬さんは現場でその大変さを一切出していないんです。待っている間も台本を読んでいる様子もなく、いったいいつセリフを覚えているんだろうかと思います。ゆったりと、淡々と現場にいてくれるからこそ、撮影も順調に進んでいるんだなと。昨年の6月にロケをして、それから間が空いたんですが、久しぶりに柴田家のシーンがあると、広瀬さんが「柴田家に来ると落ち着く」と言ってくれてるみたいで。それは、僕としても、剛男としても、何よりもうれしいですね。



ーー撮影現場で印象に残っていることを教えてください。

藤木:スタッフの方々が「朝ドラあるある」とおっしゃっていたんですが、朝ドラは家族全員が集まるシーン、つまり食事のシーンが非常に多いんです。だから1日中食事だけの撮影の日もあって。僕は年齢的なものもあるので、実際に食べ過ぎないように気をつけたり、自分のセリフの前では食べていないように調整したりしています。でも、広瀬さんはそんなことは一切気にしていない感じで、食べていてセリフが言えないこともあったりして(笑)。料理監修の住川啓子さんが作る料理が本当に美味しいから仕方ないですよね。

(取材・文=石井達也)

■放送情報
連続テレビ小説『なつぞら』
4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人/岡田将生、吉沢亮/安田顕、音尾琢真/小林綾子、高畑淳子、草刈正雄ほか
制作統括:磯智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

消息来源:https://realsound.jp/movie/2019/04/post-355706.html
作者: 北京猫    时间: 2019-5-17 13:07

本帖最后由 北京猫 于 2019-5-17 13:16 编辑


Interview『なつぞら』の剛男さんはアテ書き…!?約20年ぶりの朝ドラで藤木直人は何を感じたか?
2019.05.16


100作目、そして令和最初の“朝ドラ”という節目の一作でもある連続テレビ小説『なつぞら』。広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの青春を描く「北海道編」も佳境を迎え、お茶の間の注目度はますます高まっている。そのなつを東京から北海道・十勝へと連れてきたのが、なつの亡き父の戦友だった柴田剛男。ある意味、なつの運命を変えた重要人物でもある“父さん”を、藤木直人が愛嬌をにじませながら好演中だ。昭和の男にして開拓者二世ながら、武骨さよりも優しさで人を包み込む、愛すべき人物を演じる中で、何を感じているのだろう? 自身も3人の子を持つ父親としての家族観や、ヒロインの広瀬すずの印象など、『なつぞら』をフィルターに幅広く語ってもらった。

取材・文 / 平田真人




「剛男という人がどう映ったらいいか?」というところでのサジ加減は、意外と難しいものだったりするんです

『あすか』(1999年10月期)以来、ほぼ20年ぶりの朝ドラ出演になります。『なつぞら』で感じていらっしゃる、朝ドラの普遍的な面と時代とともに変化した部分を、まずは語っていただけますでしょうか。

ヒロインを演じているわけではないので、そんなふうに「朝ドラ」のことを語れる立場ではないんですけれども…やはり多くの方に愛される作品であり、影響力があるのだなと、あらためて思い知らされました。19年半前に『あすか』に参加させてもらった当時は、僕のことを知っている方も多くはなかったんですが、いろいろな世代の方から劇中でのアダ名“ハカセ”くんと呼んでもらえるようになって、すごくうれしかったことを覚えています。ですから、この『なつぞら』でも、街中で「剛男さん」と呼ばれるように頑張りたいですね。ただ、僕のことを「剛男さん」と呼んでくださる方がいらっしゃるのかどうか──と思ったりもしていて。子どもたちからは「お父さん」、妻の富士子ちゃん(松嶋菜々子)からは「あなた」、泰樹さんからは「おいっ」という具合に、名前を呼ばれることがあまりないので、僕の希望はかなわないかもしれないなと、すでに半ば諦めているところもあります(笑)。


いえいえ、「剛男さん」も浸透していると思います! その剛男さんは、ヒロインのなつを北海道に連れてくることで、彼女の運命を変える人でもありますよね。その辺りについては、どのようにとらえていらっしゃるのでしょう?

すごく話題になりましたけど、小さかったころのなつが泰樹さんとアイスクリームを食べるシーンに対する反響の声をネットで見ていたら、剛男のことも書いてあって。「なつは3人兄妹なのに、1人だけ連れてくるのはどうなの?」と。その時点では、まだ劇中で事情が明かされていなかったんですけど、「せめて、なっちゃんだけでも」と考えて北海道に連れて帰るのが、剛男らしさなんでしょうね。鈍感というか、のん気というか…あまり先々のことを深く考えていないというか。ただ、放送がスタートする直前の会見で、広瀬(すず)さんに「藤木さんとは、あまり2人のシーンがないんですよね」と言われて気づいたんですけど、確かにそうなんですよ。なつを十勝に連れてきたのは剛男なんですけど、その後は富士子に預けたところがあって、人生や仕事について教えているのは、じいちゃん(泰樹)なんだなぁと。僕が教えたことは、見事にゼロでした(笑)。


第5話より ©NHK
「今日は学校に行け。」と泰樹に言われたなつに「なっちゃん、良かったな。」と声を掛ける剛男。


そんなことはないと思いますが(笑)、子ども時代のなつを演じた粟野咲莉ちゃんの健気な芝居は、『なつぞら』序盤の大きなフックになりました。藤木さんの目に彼女はどう映っていたのでしょうか?

今回はヒロインの子役時代から始まるという、朝ドラの王道的な展開ではあったので、広瀬さんにいいカタチでバトンを渡したいなという思いが、僕の中にもありました。そういった中で、咲莉ちゃんをはじめとする子役のみなさんの瑞々しいお芝居に、逆にこっちが学んだというか…影響を受けたところがあって。もちろん、まだ経験も浅いので器用に立ち回れない部分もあったのかもしれませんけど、あれほどに余計なものを排除して役になりきれる力に対しては、純粋にすごいなと思いました。ただ…咲莉ちゃんのなつも、だいたい印象的なのは草刈さんとのシーンに集約されてしまうという(笑)。強いて言えば、一番最初に剛男がなつを十勝に連れてきて、「なっちゃん、ここが北海道だよ」と広大な景色を見せるシーンは、すごく大事だなと思って演じていました。もっとも、なつが無邪気に原っぱで駆けまわるところは咲莉ちゃんの身長に対して草の丈が高くて、監督から「駆けまわってみて」と言われても、ゆっくりかき分けるような感じになってしまって、大変そうでしたけど(笑)。


言われてみれば! ところで、婿養子である剛男さんの柴田家内での立ち位置というものを、藤木さんはどのように考えていらっしゃいますか?

最初にお話をいただいて台本を読み始めた時には、戦災孤児のお話ということで、シリアスなストーリーになるのかなと思っていたんです。けれども、実際はそういうわけではなくて、大森(寿美男=脚本)さんの色が反映されていて、コメディーの要素も多くて。柴田家の家族構成も絶対的な存在感を誇る家長的な泰樹さんがいて、片や女性の強さと言いますか…しっかりと子育てをして、泰樹さんに対しても思ったことを言える富士子ちゃんがいる。剛男は、その狭間で揺れている婿養子という立ち位置ですが、だからこそチャーミングに映ったらいいなぁ、と思いながら演じているところがありますね。


今も名前が挙がりましたが、あの時代に子どもたちの前でも、奧さんのことをうっかり「富士子ちゃん」と呼んでしまうのが、剛男さんの愛らしさなのかなとも思います(笑)。

「視聴者のみなさんの目に、剛男という人はどう映ったらいいのかな?」というところでのサジ加減は、意外と難しいものだったりするんです。布団のシーンは、朝にオンエアされるドラマですから、あまり生々しいのもどうかと思いますし…。一方で、もう二度と会えないかもしれないと覚悟をして戦地へ行き、本当に運良く帰ってくることができたという背景を踏まえると、2人の関係性が見えた方がいいのかなという思いもあって。リハーサルの時点でも撮影当日のテストでも特に細かいことを決めずに、「とりあえず撮ってみますか」みたいな感じだったんですけど(笑)、監督がなかなかカットをかけてくれなかったんですよ。それで、「富士子ちゃ〜ん」って名前を呼んでみたという(笑)。ただ、言った後で「ちょっとどうかな…?」と思ったりもしたので、まさか本編で使われているとは思わなくて。オンエアを見てビックリしたんですけど、次のシーンに移るタイミングが絶妙で、編集に助けてもらったなと感じてもいます。


第1話より ©NHK
戦友との約束について、なつを引き取る経緯について、家族に説明し説得する剛男。


なるほど…。では、ヒロインを務めている広瀬すずさんについても、お話しいただけるでしょうか。

お芝居に対して、すごく熱心というか…情熱を持っている女優さんだと思います。僕が19年半前に朝ドラに参加させていただいた時というのは、「新人女優さんの登竜門」という一面があって──もちろん今でも、オーディションで選ばれてキャスティングされる方もいますけど…そういった場合、体当たりで演じるという部分が強かったりもする一方、広瀬さんはすでに代表作をたくさん持っていらっしゃる方なので、草刈さんや松嶋さんといった力のある俳優さんの1人といった感覚ですね。制作発表の時に、松嶋さんが「ヒロインは大変です」とおっしゃっていましたけど、広瀬さんはその大変さを全然感じさせない人でもあって。出番を待っている間も台本を見ている様子がないので、「いつセリフを覚えているんだろう?」と不思議に思ったりもするんですけど(笑)、そうやって淡々と現場にいてくれるからこそ、『なつぞら』の撮影が順調に進んでいるんだなぁと思います。


広瀬さんとご一緒していて、感心されたことや驚かされたことはありますか?

何でしょうね…(しばし考えて)、スタッフの方が“朝ドラあるある”とおっしゃっていましたけど、家族全員が集まるのは食事のシーンが多いので、スケジュール的に1日中、朝食やら夕食のシーンを撮るという日があるんです。僕は年齢的なこともありますけど、食べ過ぎないように気をつけていたり、自分のセリフの直前になったら話しやすいように「何をどのタイミングで食べようか」と逆算して考えたりもするんですけど、広瀬さんは全然そんなことを気にしないで、バクバク食べていて(笑)。時々、セリフを言えてなかったりもするんですけど、そうやって果敢に攻めていく姿がすごくいいなぁと思いました。松嶋さんも意外と食事のシーンではしっかりと召し上がっていて、撮り終わった後にも現場に残って“消えモノ(撮影用のご飯)”を食べてるんです。もちろん、“消えモノ”をつくっていらっしゃる住川(啓子=料理監修)先生のお料理が本当に美味しいということもありますけど、義理の母娘でありながら食に対する旺盛さというところで、広瀬さんと松嶋さんは似ているところがあるのかな、そんなところも母娘っぽいと思ったりもしました。


泰樹さんの心の中における剛男の占める割り合いを多くしようと切り拓いていくことが、彼なりの開拓精神じゃないでしょうか(笑)

朝ドラは撮影期間そのものの長さはもちろん、演じる役の年齢幅が広いという特色もあります。今回もご自身の実年齢を上回った年代を演じることになると思いますが、その辺りで留意していることはありますか?


映像でできることというのも意外と限られている気がするので、あまり無理をして年齢を深く考えすぎない方がいいのかな、と思っています。なつが母親になるところまで描くとなると、当然、僕はおじいちゃんになるわけですけど、そうなると「草刈さんは何歳の設定なんだ!?」ということになってくるわけじゃないですか(笑)。そこのリアリティーを追求しすぎると、15分という放送枠じゃおさまらないくらい、みんなスローリーになってしまう。それも何ですので、メイクさんの力であったり、扮装の力を借りながら、見た目も歳を重ねていけばいいのかなと。まだ、あまりそこまで考えてはいないですね。

年齢を重ねていくことで、剛男さんの性格に変化が見られるといったことは…?


性格ですか…。実生活でも子を持つ父親ですから、剛男のことを理解できる部分だったりリンクするところもありますけど、この先おじいちゃんになったら、どうなるんでしょうねぇ。直接の責任がない分、気楽だなんてよく言われますから、いっそ歳をとった方が楽なのかもしれませんね。でも、意外とおじいちゃんになったら、泰樹さんみたいに頑固で厳しくなっちゃうかもしれないですよ。そして、こっそり孫にアイスクリームを食べさせるっていう(笑)。

そこでイメージアップをはかる、と(笑)。そもそもの話になってしまいますが、照男、夕見子、明美の実子3人と、養子のなつに対する接し方に違いみたいなものはあるのでしょうか?



無責任になつを十勝まで連れてきてしまいましたが、子どもたちには少なからず何らかの影響があったと思いますし、剛男の知らないところで迷惑をかけた部分もあると思います。ただ、あの戦後間もない時代には親を失った不幸な方々がけっして少なくなかったわけで、誰かが助ける、あるいは支え合うことが必要だったのだと思うと…現代に置き換えて考えるのも難しい、という気もしていて。たぶんですけど、剛男の中でも気持ちは半々だと思うんですよ。苗字も奥原のままで、戸籍も柴田家に入っていないのは、いつか兄の咲太郎(岡田将生)くんたちと一緒に暮らす日が来てほしいと願っているからであって。その日まで、なつのことを預かっているという気持ちが大きいのかな、と。そんなことを思えるのも、なつが優しくていい子に育ってくれたからでしょうね。もし反抗的な子になっちゃっていたら、果たして柴田家の面々が受け入れられたかどうか…というところもありますから(笑)。

第8話より ©NHK
姿を消したなつを心配し、警察を訪ねる柴田家。


撮影が始まって1年近くになりますが、柴田家のキャストのみなさんも本当の家族のような距離感なのでしょうか?


そうですね、昨年の6月に北海道ロケがあって、少し間が空いて昨年末から柴田家のシーンを撮っていく中で、なつが上京していったんですけど、たまに柴田家で集まるシーンを撮る時に、広瀬さんが「柴田家に帰ってくると、落ち着くわ」と言ってくれてるらしいので、それが何よりもうれしいです。

柴田家は酪農を営んでいますが、このお仕事の大変さも役を通じて感じた部分はありますか?


北海道の自然の中で…夏場はいいとしても、雪深くて寒い季節も牛の世話をするということは、本当に大変なことだなと感じました。ましてや相手が生き物ですし、週末に休めるわけでもないですし、お盆や正月も関係なく面倒を見る必要があるわけで。そういった環境に身を置くことで、何者に対しても優しくなれる人格が形成されるところはあるのかな、と思ったりもします。

その北海道という地で育ったということで、剛男さんの中にも開拓精神が宿っているのではないかと思うんですが、藤木さんがそこを実感するということは?


開拓精神か…泰樹さんの心の中において、剛男の占める割り合いを少しでも多くしたいと切り拓いていくことでしょうか(笑)。それは冗談ですけど、あんまり「自分が、自分が」という人でもないので、その辺りは特に意識して演じているわけではなくて。そもそも、富士子ちゃんの見合いに“当て馬”として引きあわされたところ、読書している姿を彼女に気に入られて結婚相手に選んでもらったという馴れ初めですし、農協に就職したのも泰樹さんの口利きですし、そうやって考えると情けないところばかりですねぇ…。ただ、メーカーによって酪農家からの牛乳の仕入れ値がバラバラだったのを、農協が一括して仕入れることで値を安定させようとして泰樹さんに話すくだり(第3〜4週)は、いつもの頼りない剛男じゃない、農協の職員としてしっかりしたところを見せたい、というのをテーマに演じていました。

第9話より ©NHK
「どうして私には家族が居ないの?バカ野郎!チクショー!!」と泣きながら怒るなつを「もっと怒れ!」と抱きとめる泰樹。


そうだったんですね。ちなみに、柴田家を通じて家族への思いが深まった部分というのもあったりするのでしょうか?



テレビドラマは長らく、シングルライフに代表されるファッショナブルなライフスタイルを提示し続けてきました。現実的にも核家族が多い中、『なつぞら』のように三世代が一緒に暮らす大家族の素敵な部分を描くというのは、視聴者にどのように受け止められるのかな…とも思うのですが…そう言えば…今回の役を演じていて途中で気がついたんですけど、ちょうど放送がスタートする時に、照男、夕見子、明美とウチの子たちの年齢が同じだということに、ビックリして。「えっ、これは大森(寿美男)先生が知っていてアテ書きしたのかな!?」と思ったりもしたんですけど、そういうこともあって柴田家には、ひときわ親近感があるんですよね。だからこそ、なつという子の存在についても深く考えたところがあって。現実の世界で彼女のような子を一緒に育てるとなった場合、自分は本当に受け入れることができるのかなと考えたんですけど、そんなに簡単じゃないよなぁと。それこそ、さっきも話したように素直で優しい子に育ってくれたら問題も起こらないかもしれないですけど、そうじゃなかった場合、どう向き合ったらいいんだろうって。自分も大人になっていく過程で、いろいろなことを思ったり考えたりしましたし、実の親子でも子の反抗期はデリケートになると思うんですよ。そういった中で、実の家族じゃない女の子を受け入れて育てていくというのは、本当に芯が強いというか…すごいことだなと、あらためて思っています。

2019年度前期
連続テレビ小説『なつぞら』

放送(全156回):
【総合】[月~土]午前8時~8時15分/午後0時45分~1時(再)
【BSプレミアム】
[月~土]午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分(再)
[土]午前9時30分~11時(1週間分)
【ダイジェスト放送】
「なつぞら一週間」(20分) 【総合】[日]午前11時~11時20分
「5分で『なつぞら』」 【総合】[日]午前5時45分~5時50分/午後5時55分~6時

作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也、田中健二ほか

オフィシャルサイト
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

藤木直人

早稲田大学理工学部情報学科卒。
在学中に東映映画「花より男子」花沢類役に抜擢され、95年デビュー。
原作漫画から抜け出したような甘いルックスが話題に。
その後も、NHK朝の連続テレビ小説「あすか」やフジテレビ系「ナースのお仕事」シリーズ、「Love Revolution」、「ラストシンデレラ」などに出演し注目を集め、日本テレビ系「ギャルサー」、「ホタルノヒカリ」、TBS系「高校教師」、「Around40 ~注文の多いオンナたち~」、テレビ朝日系「夜行の階段」、映画「g@me」、「20世紀少年(第2,3章)」など数多くの話題作へ出演。 近年も、フジテレビ系「FINAL CUT」、「グッド・ドクター」(共に2018年)日本テレビ系「イノセンス~冤罪弁護士~」(2019年)など出演作多数。通算100目となるNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、なつを十勝へ連れてきて、運命を変える重要人物・柴田剛男を演じている。
また、役者活動と並行して音楽活動を本格的に開始し、99年7月7日「世界の果て~the end of the world~」でCDデビュー。2019年、音楽デビュー20周年のアニバーサリーイヤーを飾るニューアルバム「20th -Grown Boy-」を発売し、7月より全国10カ所11公演に及ぶ全国ツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 ~20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!tour~」を行う。




消息来源:https://entertainmentstation.jp/435442



作者: 北京猫    时间: 前天 21:22

『なつぞら』藤木直人が驚いた、広瀬すずと松嶋菜々子の共通点
山崎伸子 2019/05/18 07:45

NHK連続テレビ小説100作目『なつぞら』(毎週月~土曜8:00~)で、広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの育ての父・柴田剛男役を好演している藤木直人。剛男は柴田家のマスオさんであり、養子ゆえに義父・泰樹(草刈正雄)にはなかなか頭が上がらない。そもそも泰樹が集めた富士子(松嶋菜々子)のお婿さん候補の1人で、それも他の男の“引き立て役”として連れてきたというトホホな事実も発覚。だが、富士子はその中から剛男を選び、2人は結婚。今も少し頼りないところもあるが、良き夫で良きパパでもある。



藤木直人といえば、言わずと知れたイケメン俳優で、アーティストとしても活動していて「天が二物を与えた男」だが、こういう気のいい平々凡々男役も絶妙にハマる。そんな藤木にインタビューし、北海道ロケの撮影秘話を聞いた。




『なつぞら』で柴田剛男役を演じる藤木直人

――柴田家にとって農協問題は、大きかったですね。なつは剛男と泰樹のどちら側につくわけにもいかないですし。

どっちも正義ですから。実際に農協が機能することで、すごくメリットもあるけど、かたや泰樹さんには自分で道を切り開いてきたという正義もある。しかも、泰樹さんは絶対的な存在なので、剛男も負けないように、理論武装していきました。でも、いくら言っても、泰樹さんは聞いてもくれなかったです。

――無事に農協問題が解決して良かったですね。

結局自分で説得したわけじゃなくて、今回も他力本願ですが(苦笑)。もちろん解決してうれしい気持ちはあったんじゃないかと。農協の一員として、新しいことを進めていかなきゃいけないのに、障害となっているのが義理の父だったから、納得してもらってほっとしたという気持ちが大きかったと思います。

――広瀬さんとの共演シーンでの撮影裏話を教えてください。

スタッフの方が「朝ドラあるある」だとおっしゃっていましたが、家族が集まるのは、食事のシーンが多いんです。僕は年齢的なこともあり、あまり食べすぎないようにしているというか、何をどのタイミングで食べるかと逆算してから食べるんですが、広瀬さんは全然気にせずにバクバク食べるんです! その果敢に攻めてくる姿がすごくいいなと思います。

松嶋さんも食事のシーンはしっかり食べます。(料理監修の)住川(啓子)先生の作ってくださるお料理がおいしいということもありますが、撮影が終わっても、残って食べるくらいの感じです。なつと富士子は義理の親子でもありますが、食欲が旺盛な点は似ているところがあるのかなと思いました。

なつはやがて東京へ行ってしまうけど、たまに柴田家に帰ってきます。その撮影時に、広瀬さんが「柴田家に来ると落ち着く」と言ってくれていたそうなので、それは何よりもうれしかったです。

――北海道ロケのオフの日の思い出を聞かせてください。

魅力を語るほど、遊びに行けてないんですが、豚丼を食べに行ったりしました。店によって味つけが違いますが、僕が食べたのは肉の風味を活かしたもので、そのおいしさにびっくりしました。空港で売っていたので、早速、家族にと真空パックを買って帰りました。

また、休みの日にワカサギ釣りをして、その場で料理をしてもらいましたが、とても美味しくて。そこで缶ビールを飲んだのですが、松嶋さんもいて「人生で飲んだなかで一番美味しい缶ビール!」と感動されていました。確かに本当においしくて、氷点下で氷の上に置いてあるビールだから、いつまでたってもぬるくならないんです。あれは本当に贅沢な時間でした。でも、風がなかったから良かったけど、あれで寒くて風があったら苦行だったかなと。

――この夏は、CDデビュー20周年記念ライブツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 ~20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!tour~」でも北海道を回られるそうですね。

北海道の夏は短いということで、『なつぞら』夏の北海道ロケは早めの6月にクランクインしました。でも、すごく天気が悪くて、雨も多かったので、そういう日は牛舎のシーンで乗り切ったりしていました。だから、夏にライブツアーで来る時は、本物の夏空を観たいです!

消息来源:https://news.mynavi.jp/article/20190518-825348/






欢迎光临 NF学院—藤木直人中国后援会 (http://www.fujiki-naohito.com/) Powered by Discuz! 7.2